So-net無料ブログ作成
検索選択

<石綿健康被害>163人が追加提訴へ…4月に東京、横浜で(毎日新聞)

 アスベスト(石綿)で健康被害を受けた患者や遺族らが6日、東京都内で原告団結成総会を開き、163人が国や建材メーカー46社に1人当たり3850万円の賠償を求め4月に東京、横浜両地裁に提訴する方針を決めた。08年5月の1次提訴(係争中)に次ぐ、首都圏の元建設現場労働者による集団提訴。これで原告総数は375人になる。

 新たに提訴するのは東京、埼玉、千葉、神奈川の患者95人と死亡した68人の遺族。総会で原告団長の深瀬巌(いわお)さん(75)は「悔しい気持ちは皆一緒。一丸となり闘おう」と訴えた。

 訴訟で原告側は「電気工や配管工などとして長年勤務し、粉じんを吸い込んで中皮腫や肺がんを患った」と主張。(1)国際労働機関(ILO)が石綿粉じんと肺がんなどの関連を指摘した72年の時点で、国はアスベストの製造・使用を禁止すべきだった(2)メーカーは危険性を知りつつ利益を優先し、アスベストを含む建材を提供し続けた−−と訴える。【伊藤一郎】

【関連ニュース
中央環境審:小委 石綿肺も救済法対象とする答申案を了承
石綿:輸入部品から見つかる スズキが回収・交換へ
アスベスト:石綿肺も救済対象 中環審小委了承、5月にも政令改正
アスベスト:輸入部品に スズキ、回収・交換へ
石綿労災認定、事業所住所を公表 延べ2582カ所、住民へ情報公開実現

春一番 関東、西日本などで観測 全国で5月並みの陽気(毎日新聞)
事故現場で救護中にパトカー盗まれる 栃木県警(産経新聞)
「宙の会」結成1周年=時効撤廃訴え記念集会−東京(時事通信)
予算案、今夕衆院通過=委員会で可決へ(時事通信)
ミカルディス錠、糖尿病性早期腎症の追加適応の申請取り下げ(医療介護CBニュース)

平野官房長官、沖縄基地問題検討委の打ち切り示唆 首相は否定(産経新聞)

 平野博文官房長官は3日午後の記者会見で、普天間飛行場の移設先を検討している政府・与党の沖縄基地問題検討委員会(委員長・平野氏)の開催について、「ないかもしれない。個別に(各党案を)委員長に提出することでも同じだ」と語り、検討委の議論を打ち切る可能性を示唆した。その上で、社民、国民新両党の案を受け取り、政府内で新たな移設先を検討していく考えを強調した。

 一方、鳩山由紀夫首相は3日夕、「平野長官と打ち合わせていないが、検討委は与党のメンバーが考え方を議論する場だからそれなりの時期に開かれてしかるべきだ」と述べ、平野氏の発言を否定した。首相官邸で記者団に答えた。

【関連記事】
北沢防衛相が平野長官に検討委での検討を急ぐよう要請 普天間飛行場移設問題で
「5月までに必ず決定」普天間移設で官房長官 社民・福島氏に強調
普天間移設、国内案提示を容認 社民、個人の意見を条件
普天間移設 国民新、県内移設2案を決定
社民、キャンプ・シュワブ陸上部隊の同時移設も提示へ 普天間移設で
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

出頭の男、7年前の放火供述=3人死傷、裏付け捜査−大阪府警(時事通信)
首相「適当ではない」 小沢氏の胆沢ダム受注業者からの献金(産経新聞)
元係長、「局長関与」供述、「勾留長期化怖かった」から(産経新聞)
「生活費に困って…」 ひったくり容疑で男を逮捕 警視庁(産経新聞)
政治とカネ「どこかでけじめを」=仙谷氏(時事通信)

冷静・的確な尋問 検察・弁護側ともに評価 裁判員 鳥取地裁(産経新聞)

 26日に無期懲役の求刑が行われた鳥取地裁での裁判員裁判。犠牲者が2人という強盗殺人罪の成立を争う重大裁判を短期間で審理しなければならないが、これまでの公判で裁判員らは冷静で的確な尋問を展開。裁判の“プロ”である検察、弁護側は、双方ともに市民が担う裁判員らをたたえている。

 公判では、検察と弁護側の双方が、会計事務所や影山博司被告(55)の困窮ぶりを詳述し、「社長の事務所運営に問題があった」と主張。殺害を強盗目的とする検察側は「犯行直前に困窮した」、弁護側は「経済的には昔から破綻(はたん)していたから強盗目的と違う」と立証する狙いがあった。しかし双方の立証は表面上は似ており、検察官が弁護側証人に対し「こちら(検察)の冒頭陳述の内容と同じですか?」と尋ねる場面もあった。

 このように、一般的には狙いの見えにくい法廷だったが、裁判員らは的確に見極めていたようだ。

 男性裁判員は被告人質問で、事務所経営に対する石谷英夫さん=当時(82)=の関与を確認。「石谷さんは(経営の)改善を考えていたか」と質問し、影山被告が「そんな観点はなかった」と述べると、さらに「知りながら、何もしなかったのか」と問いかけ、影山被告は「従業員の借入金を掲載した決算書は見せていなかった」と答えた。

 このほか、男性裁判員は、影山被告が事務所のために経済的に困窮していた点にとらわれず、事件の重大性を冷静に見つめ「石谷さんだけで目的を達成したのではないのか」と質問。女性裁判員は、「家族のことを考えて」自首しなかった被告に「殺意を抱いたときには考えなかったのか」と疑問を呈した。

 裁判員らの質問について、検察側は「裁判員は素晴らしい」。弁護側も「どちらに有利不利かは関係なく、非常にいい質問をされている」と評価している。

【関連記事】
複数強盗殺人で初の求刑は無期 「同情の余地、遺族も求めてない」 裁判員 鳥取地裁
裁判員鳥取地裁 被害者遺族が出廷、「無期懲役を」「極刑を」
なぜ2人も…強盗殺人の動機ただす裁判員 補充1人解任
2人強盗殺人「供述記憶ない、書面心当たりない」 鳥取地裁
鳥取県米子市の会計事務所社長殺害事件 被告が全面的に争う姿勢

玉山区
東北4県 津波で沿岸部の交通まひ(河北新報)
<気象庁長期予報>春の訪れ早い見込み(毎日新聞)
大向美咲
<鳥インフル>「感染源は不明」最終報告 愛知・豊橋(毎日新聞)

<名古屋ひき逃げ>運転の男を起訴 危険運転致死罪(毎日新聞)

 名古屋市熱田区の男女3人死亡ひき逃げ事件で、名古屋地検は26日、運転者でブラジル人の岐阜県美濃加茂市、中古車販売業、ロシェ・デ・フレイタス・ファブリシオ容疑者(26)を危険運転致死、道路交通法違反(ひき逃げなど)の罪で名古屋地裁に起訴した。同地検によると、ロシェ被告は人をはねたことを認める供述をしているという。

 起訴状によると、ロシェ被告は1日午前0時55分ごろ、名古屋市熱田区六番の国道1号交差点に赤信号を無視して進入し、歩道の3人をはねて死亡させたなどとされる。

 一方、地検が同乗のブラジル人3人について、危険運転致死罪での起訴を見送る方向で検討していることが、関係者への取材で分かった。【山口知】

【関連ニュース
名古屋ひき逃げ:赤信号無視し進入…運転の容疑者が供述
名古屋ひき逃げ:危険運転致死容疑で同乗の2人再逮捕
名古屋ひき逃げ:4人目の男逮捕 危険運転致死容疑
名古屋ひき逃げ:運転の男を送検 危険運転致死容疑
名古屋ひき逃げ:運転者の男 逃走中に知人宅で1泊

自動車用電線でカルテルか 公取委が業界数社20数カ所を立ち入り検査 (産経新聞)
<JR京浜東北線>品川駅で男性転落し死亡 3万人に影響(毎日新聞)
6カ国協議再開へ協力=外相と米特別代表が確認(時事通信)
【政論】夫婦別姓 3分の2が違和感…子供の視点を(産経新聞)
セクハラ教授を免職に=3年間繰り返す−成蹊大(時事通信)

<道海面漁業調整規則違反>14隻の通信装置“2時間空白”(毎日新聞)

 北海道羅臼町の羅臼漁協所属の漁船2隻による道海面漁業調整規則違反事件で、道は22日、同規則に定められた衛星通信漁船管理システム(VMS)が2時間以上作動していなかった漁船が、この2隻を除く17隻のうち14隻あったと発表した。道は「VMSは自動的に切れることはなく、2時間以上の空白は不自然。意図的(にVMSを切った)ならば大きな問題」として、各船長らから事情を聴いている。

 道は、北方領土周辺水域のスケトウダラ安全操業に出漁していた羅臼漁協所属の17隻の航跡を調査。1月9〜29日、14隻は2時間以上にわたりVMSが作動していなかった。

 道は、意図的にVMSを切った場合などは、同規則違反で行政処分する方針。【高山純二】

女性死亡 息子2人も刺され負傷、義弟を逮捕 倉敷(毎日新聞)
「調書訂正、聞き入れられず」=元係長、検事の作文と改めて主張−郵便料金不正(時事通信)
<112番元素>命名「コペルニシウム」…寿命1千分の1秒(毎日新聞)
砂浜にいた女児を抱き上げる 暴行容疑で警視庁職員を逮捕(産経新聞)
死因究明、現時点で法案化するなら「民主党案」―民主・梅村氏(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。