So-net無料ブログ作成

菅首相会見速報(12)日米首脳会談は加サミット時(産経新聞)

 菅直人首相は8日夕の記者会見で、オバマ米大統領との日米首脳会談について「(6月25日から)カナダで主要国首脳会議(サミット)がある。今のところはサミットのときに初めての会談ができるのではないかと思っている」と述べた。サミット前の訪米については「それ(サミット)以前に訪米することなどもいろいろ選択肢はあるが、私も国会を抱えているし、米大統領はもっと世界のいろいろな仕事がある」と否定的な見方を示した。

【関連記事】
菅内閣、11閣僚が再任 国民新党と連立維持を最終確認
首相補佐官に側近の阿久津、寺田両氏
郵政改革法案成立で合意
仙谷官房長官が閣僚名簿を発表
「脱小沢」カラー鮮明に 「七奉行」全員を要職
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

与野党から国会延長・参院選先送りの声(読売新聞)
ウアルカイシ容疑者 民主化要求姿勢 会見で再度示す(毎日新聞)
本社・FNN合同世論調査 「無党派層」民主へ回帰(産経新聞)
鉄道友の会 ブルーリボン賞にJR東の成田エクスプレス(毎日新聞)
日露海戦の詳細記述…秋山真之の書簡を寄託(読売新聞)

自民、参院宮城で現職推薦へ(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は24日、党本部で宮城県連会長の小野寺五典衆院議員と会談し、夏の参院選宮城選挙区に現職の市川一朗氏(73)を推薦する方針を伝えた。党は公募で候補者を決め、市川氏は落選し、元中学校教諭、熊谷大氏(35)が公認された。県連関係者によると、市川氏の推薦は参院幹部の強い働きかけがあったという。小野寺氏は会談後、記者団に「頭ごなしに推薦を決められた」と述べ、執行部の方針に強く反発した。

共同声明に社民混乱「何が地球を守る政治だ」 福島氏、署名拒否明言は「まったく変わらない」(産経新聞)
署名拒否「筋通っている」=小沢氏が福島氏に(時事通信)
<陸山会事件>辻恵民主副幹事長、検察審事務局に説明求める(毎日新聞)
PSPソフト複製・無断販売、容疑で無職男逮捕(読売新聞)
梅雨時の洗濯をどのようにしていますか?(Business Media 誠)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。